ゆきこの日記

今井翼と西川貴教と堂本光一を本命と呼んで愛している者のぼやき垂れ流し

今井翼ファンがこのタイミングでブログ始めたくなってとりあえず書いてみた。

2018年9月13日午前0時5分頃、最初の感想は
「本当に誰も、物語を踏み外しやがらねぇな」です。
でもさ、たきつばはハッピーエンドでよかったのよ。
いや、現実世界でエンドが付くのはハッピーじゃないときしかないものね。

はああああああ~~~~…………。

破局、だよね、これ
この言葉に到達するまで、2週間と6日かかりました。
うん、不仲じゃない。不仲、ではない。
なんだよそれ!むしろ不仲って言えよ!それとも解散の理由は不仲じゃないけど不仲なのは事実!?え!?
とやいのやいのぐるぐるしたけど、

破局(ドーーーン…………)

不仲とは、イコールではない、ね。うん。
うん、ごめん滝ちゃん、ごめん。
私、滝ちゃんが悪いなんて思ってないけどそれでもちょっと腹立ててた。
いや、だいぶ腹立ててた。なんでこのタイミングで選曲ケンタキなわけ?
ケンタキが続いたら、withLOVEの方もそっちじゃん、滝ちゃんが例え遠く離れても忘れないのは滝沢歌舞伎の子たちだけってこと?何それ
うん、でも、この言葉に辿り着いちゃったら、………
無理なのかも。
私達よりもっと重たく、無理なのかも。

いろいろ、見解はあるでしょうが、私は今井翼ファンとして、翼の意思は尊重されてこの形になっていると思っています。
それは13日時点からずっとそう思っています。
私たち(ファン)に対してどうなんだってのはあっても、翼にとっては、ストレス性の疾患で辞めますって人間が、退所日明らかにして華々しく見送ってほしいなんてわけがないじゃん。
まぁ、直近でFC更新した人が怒るのはわかるし、事務的な説明ちょうだいよ、という方向性で事務所に怒るのはわかるけど。
かくいう私も、エイベックスのサイトを毎日見に行って、毎日、空気読めよ!と思ってはいます。
サイトの更新て、そんなに手間なのかな…。

でまぁ私の見解を身も蓋もなく要約すると、

翼が滝ちゃんふって出ていった
以上。

つか、………今か…もう乗り越えたと思ってたのに……